モラルハラスメント被害者からの伝言

『まずはハラスメントの知識を備えましょう』

私たちの提案は難しいことではありません。

決してハラスメント加害者に不幸になってもらうことが目的ではありません。

目指すのは、私たちが幸せになること。

幸せとは様々な形がありますが、ここで言う真の幸せとは、私たちの心が豊かになること、子供達を健やかに育てたいということ。

共感して頂けるならば私たちの提案に耳を傾けて下さい。

当サイトでは、ハラスメント被害の苦しみから抜け出す提案を導き出したいと思います。

モラハラから脱却したい方への提案

モラルハラスメントとは?

精神面へダメージを与える暴力、精神的虐待

第三者へそのように伝えても『知っている』と簡単に終止符を打たれることでしょう。

しかし真のハラスメント被害者ならば、そうじゃないんだよ、もっと深くまでちゃんと聞いて欲しい…という心の叫びを不完全燃焼させているものです。

被害者が抱えているリアルな苦しみを、私ならば知っています。

しかし被害経験のない他者へ、その理解を求めるのは困難な作業。

モラハラ被害者にとっては、最も絶望を感じる部分になります。

私たちが、このような場をつくり世間に呼びかける理由は、このままで終わらせる訳にはいかないと考えているからです。

世の中へモラルハラスメントの知識を正しく浸透させることは、子供たちの未来のために必要なこと。

私も他者へ伝わらない絶望を何度も経験してきました。

微力ではありますが、自分の培った経験を発信して目的に近づくことくらいは出来るのではないでしょうか。いえ、出来るでしょう。

一旦、モラハラから話題は反れますが、たとえば発達障害にしても、ほんの10年ほど前まではソレを知っている日本人なんてほぼいなかったことを覚えていますか?

目覚ましい療育の発展により、今となればその名前くらいは、そんな病が実際にあるのだという知識くらいは、世の中に浸透しましたよね。

変動期であった難しい時代を、私は発達障害児と二人三脚で生きてきたのですが、リアルにこの目で見てきた発展の成り立ちは、盛大なプロジェクトが始動したわけでもなく、エライ人が尊い活動に腰を上げたわけでもありませんでした。

日本人を進化させたのは、あまりにも単純であり、誰にでも出来る事がカラクリでした。

当事者たちの小さな声が、今ある進化の大きな要素だったのです。

それらの集結が、行動力のある人々を動かし、行政を動かし、時代の流れの変化を促しました。

それまでの道のりには、もちろん絶望もありました。

無数にある当事者たちの微力な訴えは、誰にも届かない虚しいモノに思えたのを覚えています。

生きづらさを知って欲しいけれど「そんな病気なんてある訳ない」と跳ね除ける周囲との共存が当たり前の時代でした。

その打っても響かない他者との関わり、その絶望の記憶が、私のこの身と心には焼き付いています。

10年ほど経過し、理由を伝えれば、意味を理解しようとしてくれる人で世は溢れていくことになります。

こんな生きやすい日常が訪れるなんて夢にも思っていなかった。

あの頃の苦しみは無駄ではなかったと感じたものです。

私の上げた声もきっと役に立ったのかもしれません。

今ではそんな幸せを噛みしめています。

モラルハラスメントの周知も、そんな流れに乗れるのではないでしょうか。

威圧的な言葉や態度での人格否定、モラハラが発動するまでの経緯、生育環境の関わりなどを世間に広めたいと考えています。

それには、被害者が個々に発するリアルな伝言が必要となります。

私がハラスメント被害に苦しんでる人へメッセージを送りたいと奮い立ったのも、やはりたくさんの被害者の声が聞こえたからでした。

わずかでも私の言い分に共感をして頂けるのならば、最後まで目を通して下さい。

何の権力もない私たち被害者の伝言は、エライ人の小難しい論文よりも、きっと皆さんのお役に立てることでしょう。

PAGE TOP
Skip to content